.

契約店舗でみなの契約カードが使用可能なわけではありません。75-16-35

▽クレジットカード会社の加盟店舗は、多くのカードと契約しているんですが、残念ながらどれもの加盟店で一切のブランドのクレジットカードが決済可能なわけでもありません。75-5-35

つまり古い加盟店の場合だとJCBロゴの書いてあるそのカードしか切れないときもあるしこの頃の加盟店舗ならばビザとかマスター印の書いてあるクレジットカードのみしか使用不可な場面もあるでしょう。75-8-35

ディスカバーなどのカードの場合にはいっそう使用できない状況が増えるのではないでしょうか。75-6-35

何のブランドの所有クレカが使えるかいかなる方法で判断するといいものか?「ではいかなる方法でどの印のカードが使えるか見たらいいんだろう?」といってみても本当のところをチェックするのだったらそこの従業員に尋ねてみる以外にはないというのが残念ながらその答えになります。75-10-35

だが大体のショップやホテルにはお店の目につきやすいところなどに決済可能なクレカ会社のマークが入った加盟ステッカーがある理由から「なるほど、この店舗ではライフカードが決済可能なのか」といったことが不安にならないようになってるから記憶にとどめておいてほしいと思います。75-17-35

いっぽうで、ちゃんと管理が行き届いていないお店で切るときには印が掲げられているのに「当店舗ではお持ちのクレカはお使いいただけません」などの案内を受けるなどという状況もあるため、とまどってしまう状況に出くわしかねません。75-12-35

贅沢をいえば可能な限りは全てのショップで切れるようにするためにももう一つのロゴ(欧米圏のマーク)が入っている一般的なVISAカード、MasterCard、ダイナーズライフカード、などのクレカを2、3枚持つようにして欲しいと思います(例えば:ニコスカードをすでに持っているならダイナースカードブランドのクレカを契約するといった方法)。75-11-35

もっぱら日本ではVISAカード、マスターカード、JCBの3つのマークが入っているクレカを常に財布に入れておけばおおむね日本全土の加入店で3枚のうちどれかのクレカを提示することができます。75-20-35

クレジットカードを活用して日常的にポイント取得を目指すならば、早いうちにそれぞれのクレジットカードを契約しておいてほしいとおもいます。75-4-35



75-7-35 75-14-35