.

現実にパソコンの。

画面の前で、リアルタイムで上がったり下がったりしている相場を見てしまうとどことなくトレードをしなくてはいられないという抑えようのない気持ちに追い立てられる場合も多かったりします。

だがしかし、なんとなく直感で注文するのは、避ける必要があります。

知っての通り、市場は年中いつでもいずれかの国の為替市場は関いているし、マーケットも常に動いています。

しかしながら、頻繁に注文を繰り返しているとその分損失が生じる危険性が高くなってしまいます。

当然の事ながら、注文の数を経験することによって勝つ確率か五分五分に近づくのは事実です。

でもその事は「漠然としたインスピレーションで売買」とは話が違います。

注文回数を積み重ねる事の意味は自ずから「ここはいける」と直感したチャンスを得た状況での注文回数を積み重ねるという事を意味します。

ただ、連続して注文を繰り返すのとは明確に異なります。

市場の勝負に負けないためには、あなたが深く考えて緩急をつけることこそが大事だ。

「ここがチャンス」と感じた外国為替相場の時には、いっそ持っているポジションを買い増して、集中して利益を狙います。

「明らかに難解な相場でどう推移するのか考え付かないな」と思ったならば、観念して所持ポジションを全部諦めて何もしない。

このぐらいの緩急をつけた方が最後にはエントリーは成功します。

マーケットの格言には「休むも相場」という言葉があります。

文字通りその通りです。

相場とは、ポジションを保有する事が重要ではなく何も所有せずじっと見ていることもまた、外国為替相場です。

では、いつ休みどきなのでしょうか。

ひとつめは、前述したように、現在の外国為替相場が今ひとつ見通しがきかない時ですドル高になるのか、ドル安になるのかが判断できない時は何も考えず行動すると、自ら考えた筋書きとは違った方向に相場が動いてしまい損してしまいます。

だから、このようなケースではポジションを諦め、何もせずに見ているだけがいいと思います。

第2に、あなたの体調が変なときです。

体の状態とマーケットに何の影響も与えないと感じる投資家もいると思いますが大きく関係あります。

体調が悪い時は、外国為替市場の大少な場面で必要な決定ができなくなります。

関心がわかない時は、相場から距離を置くことも大事な事です。