.

パソコンの画面の前に座り、つねに上下しているマーケットを目を向けていると、直ちにトレードをしたくなるという抑えようの無い感情に突き動かされる人も多かったりします。だが、漠然とした思いつきでトレードするのは避ける必要があります。ご覧の通り、マーケットは終日、休みなくいずれかで為替相場が関いているし、レートも、上がったり下がったりします。だからといって、闇雲に取引をすると、その回数だけマイナスになる率が高まってしまう。当然の事ながら、トレードの回数を経験することによって、次第に儲けられる確率が50%、50%になっていきます。けれども「なんとなく思いつきで売買」してしまうこととは別の話だ。売り買いの回数を増やすというのは自ら「ここは勝てる」と思いついたチャンスを得られた場面での注文回数を積むという事を言っています。特段の理由も無く、売り買いをするのとは明らかに違います。相場の戦いに敗北しないためには、己で思案して緩急をつけることこそが肝心です。「ここは!」と思えた外国為替相場の時にはいっそのこと持っているポジションを買い増して、積極的に利益を追い求めます。「だいぶ分かりにくい為替相場でどう動くのか読めないな」と思った時は潔く諦めて保持ポジションをクローズして放置します。それぐらいのメリハリをつける方が、最後には取引は勝利します。外国為替市場の金言には「休むも相場」というものがあります。本当にその通りです。FXとはいついかなる時でもポジションを保有する事が大事ではなく、どの売買ポジションも保有せずじっと待っている事も時には相場なのである。それならば、どのタイミングで休めばよいのだろうか。ひとつは、先述の通り、今の相場展開が明確に分からない時です。これから高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時は何も考えず行動すると、自身の思い描いた脚本とは違った方向に相場が変化してしまい損してしまいます。だから、そうした時はポジションを諦め、そのまま何もしないで静観しているのが最善の策です。もうひとつは、自身の体の調子がすぐれない時です。体の調子と市場に影響ないと思う方もいるだろうが。意外につながりがあります。コンディションが思わしくなければ市場の決断しなければいけないところで、必要な判断が出来ない場合が多くなります。気分が乗らない時は外国為替相場から目をそらす事も肝心な事です。